女性

原状復帰とスプリンクラーの設置|賃貸なら話し合って設置しよう

購入と設置

3人の作業員

昔は高かったものですが

以前は住宅関係の職業についていましたが、現在は家業を継ぐために田舎に戻っています。主に住宅設備の担当をしていたのですが、そのときに思った事があります。それはスプリンクラー設備を導入する家庭がとても増えているということです。スプリンクラーというと大きな病院やスーパーなどの商業施設にしかついていないイメージがあります。確かに昔は高く一般住宅に取り付ける小型のものでも200万円ほどはしていました。いくら命を守るものとはいえ200万円を簡単に出せる家庭というのは限られています。しかし最近はコストカットも進んでいるようでスプリンクラーの値段も大分下がってきました。それでスプリンクラーを設置する家庭が増えてきています。賃貸の場合などはすでに設置されている物件もありますが、設置されていない物件もあるのでそのような際には設置することを考えてみるのも良いでしょう。しかし、スプリンクラーを設置した場合は原状復帰の必要があり、借りた時の状態に戻す必要があるのでスプリンクラーも取り外さなければならない可能性があります。原状復帰を行なわなければならない場合は大家さんなどに確認してから設置する様にしましょう。

現在は手ごろに購入できます

現在の簡易スプリンクラーの価格は50万前後が相場です。これよりも安い場合もあります。4LDKの家で50万円前後ですが、当然部屋数が増えると料金があがっていきます。4LDKの家ではスプリンクラー設備が25個ほどつきます。それから1部屋増えるごとに3万円前後増えるというのが一般的です。簡易スプリンクラーは設置も簡単で、水道を1つ使うだけで設備を使うことができます。多少不便になりますが、命を守るためならば仕方が無いと思います。現在私は実家にいますが、スプリンクラーをつけています。実家は木造の古い家なので火事になったらすぐに燃えてしまうなとおもったからです。お金で買える安全と安心なので、つけることをかなりお勧めします。

設置して万が一に備える

ビル

人の出入りが多いお店やデパートなどではスプリンクラーの設備をすることがあり、これの設置によっていざというときの備えとなっています。しっかりもしものときに備えておくことで被害を最小限に抑えることが可能となっています。

View Detail

設置して安全を確保する

笑顔の作業員

火災などの時に力を発揮するのがスプリンクラーです。火事などが起きた時に、すぐにその熱や煙を感知して、水を巻いてくれますのでその火の元を消化することが出来たり、火災が広がるのを防いでくれるという役割があります。

View Detail

スプリンクラーを設置

ビル

スプリンクラー設備とは、住宅や施設などに取り付けられる消火用の設備です。煙や熱を感知するとその設備から水がまかれる仕組みで、火事を弱めていく働きをします。こういった防災に備えた対策は、年々高まっています。

View Detail